Gmail フィルタ設定のインポート・エクスポートファイルの詳細

Gmailにはフィルタという機能があり送信者や受信者、タイトルや本文の内容によって条件を指定し、該当するメールにラベルを付けたり転送したりといった特定の処理を行うことができます。

これが非常に便利な機能で、受信したメールの整理を自動化できるのはもちろんモバイルでの通知などもこの機能の応用で自由自在です。

そんなフィルタ機能の設定で、xmlファイルによるインポートとエクスポートができるようです。

となればxmlファイルのフォーマットの解析がしてみたくなるもの。

適当なフィルタを作成し、エクスポートしたファイルはこのようになりました。

<?xml version='1.0' encoding='UTF-8'?><feed xmlns='http://www.w3.org/2005/Atom' xmlns:apps='http://schemas.google.com/apps/2006'>
<title>Mail Filters</title>
<id>tag:mail.google.com,2008:filters:1407980806474</id>
<updated>2014-08-14T01:25:05Z</updated>
<author>
<name>山田太郎</name>
<email>test@gmail.com</email>
</author>
<entry>
<category term='filter'></category>
<title>Mail Filter</title>
<id>tag:mail.google.com,2008:filters:1407980806474</id>
<updated>2014-08-14T01:25:05Z</updated>
<content></content>
<apps:property name='from' value='test@test.com'/>
<apps:property name='to' value='test@gmail.com'/>
<apps:property name='subject' value='test title'/>
<apps:property name='hasTheWord' value='include'/>
<apps:property name='doesNotHaveTheWord' value='exclude'/>
<apps:property name='hasAttachment' value='true'/>
<apps:property name='excludeChats' value='true'/>
<apps:property name='label' value='日経'/>
<apps:property name='shouldMarkAsRead' value='true'/>
<apps:property name='forwardTo' value='test@hotmail.co.jp'/>
<apps:property name='shouldStar' value='true'/>
<apps:property name='shouldTrash' value='true'/>
<apps:property name='shouldNeverSpam' value='true'/>
<apps:property name='shouldNeverMarkAsImportant' value='true'/>
<apps:property name='smartLabelToApply' value='^smartlabel_personal'/>
<apps:property name='size' value='1'/>
<apps:property name='sizeOperator' value='s_sl'/>
<apps:property name='sizeUnit' value='s_smb'/>
</entry>
</feed>

上記xmlファイルのコードを見るに、フィルタ設定の中身は、「entry」要素の子要素である「apps:property」要素の「name」と「value」属性のペアで記述されているようです。

まず、検索条件については以下の「name」属性があるようです。

name value example note
from *@test.com OR *@test.co.jp 送信メールアドレス
to test+@gmail.com 受信メールアドレス
subject test タイトル
hasTheWord test 本文中に含まれる文字列
doesNotHaveTheWord test 本文中に含まれない文字列
hasAttachment true 添付ファイルの有無
excludeChats true チャットを含めるか否か
size 1 メールのサイズ(数値のみ)
sizeOperator s_sl 指定サイズより大きいか小さいか(s_sl, s_ss)
sizeUnit s_smb メールのサイズの単位(s_sb, s_skb, s_smb)

次に、上記検索条件と合致するメールに対する処理は以下の内容で記述します。

name value example note
label test メールに付加するラベル名
shouldMarkAsRead true 既読とするか否か
forwardTo test@hotmail.co.jp 転送先メールアドレス
shouldStar true スターをつけるか否か
shouldTrash true ゴミ箱に入れるか否か
shouldNeverSpam true スパムとして認識させずにおくか否か
shouldNeverMarkAsImportant true 重要としてマークさせずにおくか否か
shouldAlwaysMarkAsImportant true 常に重要としてマークするか否か
shouldArchive true アーカイブするか否か
smartLabelToApply ^smartlabel_personal 付加するスマートラベル

一通り調べた内容では以上の内容でした。
公式のフィルタ作成ダイアログはちょっと使いづらいのでインポート用xmlファイルのジェネレータでも作ってみようかな…

広告

t87r について

趣味:トランペット・釣り・コーディング JavascriptとGAE/Pythonを勉強中。
カテゴリー: PC タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中