UQ Wimax グローバルIPオプションで躓いた!

自宅のネットはUQ Wimaxを使用しています。

理由としては、
・外出用のモバイルルーターと一本化することで通信費が大幅に安くなる
・自宅のある場所では速度面において不自由を感じることが無い
という点が挙げられます。

このほど、2年間あまり使用していたURoad-8000という機種から、同メーカーの最新機種に当るURoad-Aeroに乗り換えました。

そこで問題発生。

共同開発者に外部ネットワークからRailsのテストサーバーにアクセスしてもらって挙動を確認してもらうという事を時々してたんですが、ポート開放の設定をしても全くアクセスできない状態となってしまったのです。

調べるうちに、原因はUQ Wimaxの仕様変更にあると判明。

IPアドレス割り当ての運用変更およびグローバルIPアドレスオプション導入について | UQ WiMAX – ワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネットより引用:

1. WiMAX機器へ付与するIPアドレスの変更
現在、WiMAX機器に付与されるIPアドレスは、グローバルIPアドレスとなっておりますが、2013年6月以降順次プライベートIPアドレス※2へ変更を行います。大部分の利用形態においては引き続き問題なくご利用いただけますが、グローバルIPアドレスの利用に依存している一部のアプリケーション等はご利用いただけなくなる場合があります。

とのことで、
「グローバルIP + ポート」という方法でテストサーバーにアクセスしてもらうのはもう無理なのか…
と、思いきや!

IPアドレス割り当ての運用変更およびグローバルIPアドレスオプション導入について | UQ WiMAX – ワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネットより引用:

2. グローバルIPアドレスオプションの提供開始
引き続きグローバルIPアドレスを必要とするアプリケーションをご使用いただけるよう、グローバルIPアドレスの割当を保証するオプションサービスを新たに開始いたします。

とあり、オプション加入で従来通りのグローバルIPが付与された状態での利用が可能に。

2013年9月末利用分まで無料なので試しにオプションを申し込みテストしてみると、無事外部からのアクセスが可能となりました。

他にも方法はあるのかもしれないけどとりあえずはこれで対応します。

新仕様は一部オンラインゲームとかでも不具合があるらしく、トラブルに見舞われている人は無料期間中に試してみるのもいいかもしれません。

「My UQ」ページ「ご契約内容」タブから「契約一覧照会/変更」メニューへ。

ページ下部の「グローバルIPアドレスオプション変更」ボタンから申し込み。

正しく申し込みが完了すればルーター等Wimax機器再起動で晴れてグローバルIPを手に出来ます。

広告

t87r について

趣味:トランペット・釣り・コーディング JavascriptとGAE/Pythonを勉強中。
カテゴリー: Tips パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中