Javascriptでiframeとして表示されているか否かを判断する

ウェブページを作成していて、推奨されないタグとされていても未だにiframeを用いるときもある。

  • 特定のページがiframeとして埋め込まれたときに、そのページの要素を削除・追加したい。
  • iframeで埋め込まれることを前提としたページをブラウザから直接閲覧してほしくない。

といった場合、iframeとして埋め込まれるページの側で「iframeで埋めこまれているのか否か」を判断する必要がある。

方法はいたってシンプル。

Bodyのonloadなどで、

if(window!=parent){
    //iframeで埋めこまれた場合の処理
}
else if (window==parent){
    //通常表示された場合の処理
}

を実行すればいい。

シンプルだが、各種ブラウザでの動作も確認済み。

広告

t87r について

趣味:トランペット・釣り・コーディング JavascriptとGAE/Pythonを勉強中。
カテゴリー: Web Design タグ: , パーマリンク

Javascriptでiframeとして表示されているか否かを判断する への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ページ遷移時にBGMを途切れさせないようにする | cly7796.net

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中